ヘアメイクのお仕事とは

【Blog】

ヘアセットやメイクが好きでヘアメイクさんになりたいけど、仕事内容は実際どんなことをして、なるためにはどうしたらいいのかをこれからヘアメイクさんを目指す方に向けて書いていきます。

ヘアメイクの仕事と言っても、色々なジャンルがあります。

美容師さんと言えば、美容室でカットやカラーをしてくれる人とイメージできると思うのですが、ヘアメイクさんはテレビや雑誌などのメディア関係、ブライダル、セットサロンなど働く場所も時間も得意とする技術もジャンルによって様々です。

私は主にセットサロンでヘアメイクの仕事をしてきたので、まずはセットサロンでのお仕事の説明をさせていただきます。

ヘアメイクのお仕事ってどんなことするの?セットサロン編

セットサロンの仕事内容はどんなことするの?

セットサロンのお仕事は主に一般のお客様のヘアセットをします。メイク、着付けもすることになるのですが、仕事内容は圧倒的にヘアセットが多いです。ちなみにヘアメイクさんとしてどのジャンルで働きたいかを決める時にこの仕事内容はかなり重要なのでよく調べてからサロンや事務所を決めてください。

美容学校やヘアメイクスクールを卒業して、セットサロンの面接を受けます。

希望のサロンに合格して、シフトを決めて出勤して、いざヘアメイクがしたい!と思うかもしれませんが、実際にお客様の髪に触れるのはまだまだ先になってしまいます。

サロンによりますが、スタイリストのアシスタントとして入客するまでにも最低1ヶ月から3ヶ月かかります。アシスタントは髪を巻くヘルプをしたり、他のお客様に入客しているスタイリストの次のお客様の下準備でカーラーを巻いたり、コテを巻いたり、ストレートアイロンをかけたりします。アシスタントの内容も技術チェックに合格してからでないと入客できないので、すぐにお客様に触れることはできないのです。

アシスタント期間はだいたい1年ぐらいです。美容室に比べてアシスタント期間が短いのはやはりヘアセットに特化していることが特徴だと思います。技術が絞られている分期間としては短いですが、ヘアセットだけに1年かけると考えるといかにその技術が奥が深いかがわかると思います。

セットサロンにはどんなお客様が来るの?

お客様はセットサロンに、その日に1番素敵な髪型やメイクになりたいからプロにやってほしい!と思ってご来店して下さいます。結婚式の参列や成人式、卒業式、写真撮影、出勤前、最近ではデートの前や女子会などご来店理由は様々です。

ヘアセットやメイクが気に入らなかったらその日のテンションは最悪ですよね。

セットサロンのヘアメイクさんは、ほとんどの場合その日初めてお会いしたお客様の最高にかわいい・きれいを引き出すことがお仕事なので、様々な技術を身につけなければならないのです。

技術だけでなく、接客もかなり大切です。

ブスッとしたヘアメイクさんや、専門用語ばかりで話してくるヘアメイクさんに、希望のスタイルや自分のコンプレックスを話す気にはなれません。

お客様と盛り上がっているつもりで自分の話ばかりして、相手に聞き手に回っていただいているようではお客様を疲れさせてしまいます。

お客様とうまくコミュニケーションがとれないと、お客様の最高にかわいいなど引き出すことはできません。

自分はプロであると自覚して接客することが大切です。

こんな方に向いているお仕事です

セットサロンに限らずですが、ヘアメイクさんのお仕事は技術を習得するまでのアシスタントの期間は毎日毎日練習の日々です。上手くいかない時はとても辛いですし、上手くできない自分に苛立ち何度も悔しくて涙を流した記憶があります。スタイリストになってからも流行は変化しますし、練習や研究の連続です。なので!技術の上達を楽しいと思えて、思い描いたスタイルを作れることが喜びになり、人と話すことが好きで、人を思いやれる人が素敵なヘアメイクさんになれると思います。

セットサロンの雇用形態

セットサロンの雇用形態はサロンによりますが正社員、パート・アルバイト、業務委託があります。

新卒、未経験の方ほど正社員を希望されて、2~3年の経験者はパート・アルバイト、ベテランの方は業務委託を希望されることが多いです。

それもそのはず、正社員には手厚い講習制度があります。未経験者から経験者になるステップをそこで踏むことができます。

少し経験を積んでくると多少自由な時間がほしくなり正社員で働いていたサロンを辞めて、新しいサロンでパート・アルバイトとして働く方も多い気がします。

業務委託とはフリーランスのことなので、技術があって当たり前、プラス個人事業主として責任もついてきます。なので、ベテランの方しかなかなかその選択肢は難しいと思います。

セットサロンのお給料

セットサロンのお給料もこれもまたサロンによるのですが、アシスタントの正社員の場合新卒・未経験で15万円~20万円ぐらいです。スタイリストになると20万円~25万円ぐらいでプラス指名バック1人あたり300円~500円ぐらいのところが多いと思います。指名バックが意外と大切である程度人気のあるスタイリストだと指名バックだけで5万円ぐらいつきます。

アシスタント正社員の場合は、サロンのいろいろな事務などの業務もするので、ヘアメイクの技術者としては未経験でもきちんとお給料がでます。

しかし気を付けていただきたいのが、パート・アルバイト希望で未経験でアシスタント業務にも入れない場合は、お給料はないに等しいと考えておいたほうがいいです。

よく「掛け持ちなので週2~3日しか出れないのですが、アシスタントからでもいいので働きたいです!」と未経験で面接に来てくれた方が言うのですが、「アシスタントになるまでに講習を受けてもらいます。アシスタント試験に合格するまでお給料は出ないです。でもあなたのやる気をかって試験に受かるまで技術を教えるので、週3回講習会に参加してください!」とお伝えすると、「働きながら学ぶことはできないんですね…」と諦めてしまう方が多いです。

1度こんな質問をされました。

「コンビニの研修でも時給がでるのに、講習期間はお給料でないのですか?」

言われた瞬間はビックリしたのですが、質問の意味を少し考えてみてなるほど!と納得しました。

それは、その方は技術の講習とお仕事の作業の研修との区別がついていなかったのです。

例えば、コンビニでもスーパーでもレジ打ちやお店のどこに何があるか、お客様の対応のマニュアル等はそこで働くために覚えなくては仕事にならないので研修期間が設けられてると思います。

サロンでもそうです。予約の取り方、電話対応、お客様のご案内等、サロンで働き接客するのに必要なことは研修期間に覚えていただきます。もちろんそれはお給料がでます。

しかし技術講習は別です。サロンの営業中は先輩方は接客しているので、細かく技術指導する時間などありません。なので、講習会として設けられた時間に参加してもらう必要があります。

先輩方が時間をかけて研究して実践してきたことを、こうするとうまくいくよ、こうすると仕上がりに差がでるよ。と同じ失敗を繰り返さないように教えてくれて、それがあなたの技術となるのです。例えそこのサロンを辞めたとしても、それはあなた自身の技術として財産になるのです。

少し厳しいことを言ってしまうと、そこを理解できないと技術の世界で働くのは難しいかもしれません。

技術は1度身につけると一生ものです。年齢関係なくお仕事ができるので目先の時給で考えるよりも身につける機会があれば是非チャレンジしていただきたいです!

それでは次回ヘアメイクになるにはどうしたらいいのかを書いていきます!