【炭酸シャンプー】どういう商品?サロンと自宅用の違いは?

【Blog】

美容室では、ヘッドスパ、ヘアマスク、ヘアエステ、サロントリートメント、水素トリートメント…etc.様々なヘアケアサービスがありますが、今回は『炭酸シャンプー』にフォーカスします。

炭酸シャンプーは美容室だけでなく、自宅でも気軽に出来るヘアケアになります。   

この記事を読んで、今までよりさらにステップアップした情報を取り入れてみましょう。

美容室の炭酸泉とは

美容室では、『炭酸ヘッドスパ』とも呼ばれています。

高濃度の炭酸ガスを水に溶け込ませた炭酸泉を使用して、頭皮の皮脂や古い角質、老廃物などを取り除き、頭皮の血行を促進させるものです。

炭酸ガスの細かい泡によって、シャンプーでは落としきれない汚れを、頭皮の小さい毛穴や髪から剥がす事が出来ます。

炭酸泉の効果

血行促進

炭酸泉は、頭皮の毛細血管の血流を促進させ、酸素や栄養素を細胞に取り込む効果があるので、健康な髪が生えてきます。

また血行が良くなる事で、肩凝りや眼精疲労なども改善され、リラクゼーションにもなります。

スーパー銭湯などある、炭酸風呂と同じですね。

キューティクルを整える

パーマやカラーリングで傷んだ髪はキューティクルが開いてしまっているため、パサ付いて艶がなく見えます。

炭酸には収束の効果があるので、開いたキューティクルを引き締める事が出来て、髪に艶が戻ります。

また、皮膚と同じぐらいの酸性値なので、頭皮に優しく、皮膚を引き締める効果もあります。

■汚れや老廃物の除去

頭皮には、毎日のシャンプーでは落とし切れない老廃物が溜まっていきます。

炭酸泉の発泡は、その汚れを浮かせて落とす事が出来ます。

そして炭酸が入り込む事により、シャンプーによる手での摩擦だけでは届かない毛穴の奥まで、炭酸の泡で落とす事が出来ます。   

また、薬剤なども使わないため、頭皮にダメージを与える事がありません。

■カラーやパーマの持ち

カラーリン グの際に髪に薬剤が残る事によって、その薬剤が髪の内部にダメージを与えてしまいます。

カラーやパーマ、縮毛矯正の後に炭酸スパをする事で、髪に残った薬剤のアルカリを落とす事が出来るので、ダメージを軽減させる事が出来ます。

また、キューティクルを締める事で、色落ち防止やパーマの持ちが向上します。

■髪のボリュームアップ

炭酸で毛穴に詰まった皮脂を取り除く事で、頭皮が引き締まり、髪の根元が立ち上がって、ボリュームアップする効果があります。

■抜け毛防止

頭は体の一番上にあるため、血流が悪くなりやすいです。

血流が悪くなると十分に髪へ栄養が行かず、抜け毛の原因になります。

頭皮に二酸化炭素を入れ込む事で、脳が酸欠を起こしたと錯覚し、酸素を取り込もうとします。

それが血行促進に繋がり、抜け毛や発育に繋がります。

自宅で炭酸シャンプー

ここまでは美容室での炭酸泉について書きました。

市販の炭酸シャンプーは、自宅で炭酸泉の機械を置く事は難しいので、シャンプーの中に炭酸を入れた物になります。

『炭酸泉で流してシャンプーをする』事を1度で出来てしまうので、とても簡単です。

■市販の炭酸シャンプーの選び方3つ

▼炭酸の濃度をチェックする

炭酸シャンプーの特徴である、《血行を促進させ、汚れを浮き上がらせる》ためには、炭酸濃度が必要になります。

美容室の炭酸泉の濃度は1,000ppm以上の数値と言われています。

市販のシャンプーを選ぶ際も、1,000ppm以上の物を選ぶようにしましょう。

出来るだけ数値が高い物が良いですが、約4,000ppm以上だと、炭酸が水に溶け込めなくなるので、1,000ppm〜4,000ppmの間がおすすめです。

▼ノンシリコンと保湿成分

シリコンは髪をコーティングして、滑らかな手触りを作り出す成分です。

ですが毛穴に詰まった頭皮に付着して、ベタ付きや、ニオイの原因になる事もあります。

せっかく毛穴の汚れを落とす炭酸シャンプーを使っても、シリコンで毛穴を詰まらせてしまっては、せっかくの効果を感じられにくくなるので、ノンシリコンを選ぶようにしましょう。

ただしノンシリコンタイプは、髪がきしむ事が多いので、保湿成分が入っている物がおすすめです。

▼アミノ酸系成分が入っているか

アミノ酸系の洗浄成分は、洗浄力が抑えめです。

強すぎる洗浄成分が入っていると、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。

なので、アミノ酸系の優しい洗浄成分が配合されている製品が良いと思います。

ちなみに、強い洗浄成分とは…

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

アミノ酸系の成分は、

  • ココイル◯◯
  • ラウロイル◯◯
  • コウロイル◯◯

などの表記になります。

■市販の炭酸シャンプーの使い方

  1. 1〜2分かけて、しっかり予洗いをする

以前のブログでも書きましたが、シャンプーをする時は、シャンプー前の予洗いがとても大切になります。

丁寧に時間をかけて、マッサージをするように、頭皮と髪に付いている汚れを洗い流しましょう。

 2. いつも使っているシャンプーで洗う

しっかりとすすぎ終わったら、通常のシャンプーで洗います。

いきなり炭酸シャンプーを使うと、泡立ちが悪かったり、汚れが落としきれなかったりするので、この工程もしっかり行いましょう。

3. 炭酸シャンプーで洗う

10〜15秒ほど容器を振る事で、クリーミーな泡が出てきます。

泡を出したら、頭皮にまんべんなく付け、マッサージをしてもみ込むようにします。

その後、2,3分ほど放置する事で汚れが浮き上がり、保湿効果もアップします。

4. 時間をかけて洗い流す

炭酸シャンプーも、洗い残しがあると頭皮のトラブルに繋がります。

時間をかけてしっかりと洗い流しましょう。

5. トリートメントで保湿する

炭酸シャンプーを使うと、髪のきしみが気になると思います。

インバストリートメントや、アウトバストリートメントで保湿をしましょう。

※以前のブログの、シャンプーやトリートメントのブログも合わせて読んでみて下さい。

■使用頻度とデメリット

皮脂が多い人や汗をよくかく人は、毎日使用しても問題ない場合もあります。

ですが乾燥が気になる人や肌が弱い人は、週に1〜3回にするなど、肌や炭酸濃度をしっかりチェックして使いましょう。

デメリットとしては、炭酸シャンプーはコスパの良い物ではないのがほとんどですので、

「今日は疲れているからリフレッシュしたい」

「休日のスペシャルケア」

として使ってみるのもありだと思います。

まずは試してみよう

美容室での炭酸ヘッドスパも、価格は様々です。

まずはプロに任せて、効果を実感してみるのも良いですし、「気になるけれど、美容室へ行くのは抵抗が…」という人は、市販の物を購入して気軽に楽しめるのも、炭酸シャンプーのメリットです。

いろいろ情報を集めてみて、炭酸シャンプーにトライしてみて下さい。

新しい “自分の楽しみ” が見つかるかもしれません。