【立川のヘアメイクスクール ヘアメイクガーデンスクールの講師が解説】ーー簡単アップスタイルの作り方Part. 2ーー 崩れないルーズヘアアレンジの裏ワザ!

【Blog】

今回も引き続き、『ゆるいシニヨンを可愛く作るコツ』をまとめました。

ここで書いている記事は、《シニヨン》のスタイルに限らず、

●ゆるいスタイル全般に使える技術

●キレイなスタイルを作る方法

●崩れにくいセットの工夫

などもまとめて解説していますので、参考にしてみて下さい。

Uピンの使い方

「Uピンをうまく刺す事が出来ない」

「Uピンだとしっかり固定出来ず、すぐに崩れてしまう」

という人に向けて。

Uピンを《確実にしっかりと刺す方法》です。

■土台に刺す

Part.1のブログで、『崩れにくいシニヨンを作るには、土台作りが必要』と書きました。

アメピンは、何もない箇所でもピンを刺す事が出来ますが、Uピンには挟む力がないので、支えがないとスルスルと落ちてしまいます。

ですがUピンは、土台に向かって刺す事で、しっかり固定させる事が出来ます。

注:しかし、Uピンはアメピンと比べると固定力は弱いので、必ずアメピンも使用するようにしましょう。

赤が毛流れ。

青がUピン。

オレンジがアメピン。

この写真では毛先だけをアメピンで留めていますが、不安な場合は、3方向、4方向からアメピンでしっかり固定しましょう。

■ロープ編みの裏側に引っ掛けて刺す

ここでは、良く使われる  “ロープ編み” で、Uピンの刺し方を説明します。

Uピンは、適当に刺してしまうと、このように丸見えになってしまいます。

ロープ編みをしたら、『裏側に引っ掛けて刺す』ようにすると、前から見える事がありません。

アメピンもUピンも、《見えないように刺す》事を意識しましょう。

■なぜUピンを使うのか?

そもそもなぜ、全部をアメピンで仕上げるのではなく、Uピンを使うのか。

アメピンだけで仕上げても問題はありませんが、『ゆるいスタイル=引き出す事』です。

スタイルを作っている途中に引き出したり、最後に微調整して形を整える際に、挟む力のないUピンの方がキレイに引き出す事が出来、全体の質感もふんわりと仕上がります。

⚫︎ピン打ちをする時も、ガッチリと固定させるのではなく、《ふんわり》を意識してみて下さい。

《ふんわり》は、ゆるいスタイルの鉄則です。

■Uピンを使う際の注意事項《痛みを感じやすい人にとっては、めちゃくちゃ痛いです》

アメピンと比べると、Uピンは痛がる人が多いです。

その理由。

アメピンの先端は平らなため、ピンを打つ時に、毛と毛の間にスッと通す事が出来ます。

ですがUピンの先端は丸いため、毛が引っ掛かって引っ張ってしまうため、痛みを感じやすいです。

⚫︎とはいえ、痛みの感じ方も十人十色。かなり痛がる人もいれば、全く痛みを感じない人もいます。

アメピンを刺す時ももちろんですが、Uピンを刺す時はさらに慎重に、「痛くないですか?」と聞くなどして、1本1本丁寧にゆっくり刺すクセを付けておきましょう。

シニヨンの “可愛い” の5割は、上半分で決まる

『上半分』というのは、ここの部分。

シニヨンスタイルは、お団子部分の形で5割、上半分の引き出し方で5割。

この2つが合わさって、全体の “可愛い” になります。

ですので、上半分のデザインの作り方はかなり重要です。

引き出しをもっと可愛くするためのコツ

『上半分のデザイン』は、引き出し方のテクニックが全てです。

そのコツについて解説します。

■『ひし形の法則』を覚えておこう

まず、中心となる位置を決めます。

その中心の、1番高い所を真ん中として、ひし形になるように引き出します。

もしくは、しずく型。

この形から大きくズレてしまう事がなければ、アンバランスになる事はありません。

⚫︎今までバランスを上手く取れなかった人は、練習する時にこの形を意識して、今までよりも思い切ってたっぷり引き出して見ましょう。

■メリハリを付ける

たっぷりと引き出すと、全体的にボワッとしてしまう…という人。

これは、『引き出さない部分』を作っていない事が原因の場合が多いです。

写真のように、出す所と出さない所をハッキリ作る事で、メリハリが出来ます。

■小道具を使う

引き出した毛束を、根元からしっかり立ち上がらせたり、どうしても倒れてしまう毛束を、起こして固定させるには、重力に逆らわせる必要があります。

そのために使う道具は、この2つがオススメです。

ネジピンと、シングルピン。

Uピンには、 “オニピン” と “ネジピン” の2種類がありますが、オニピンは短いため、引き出した毛の立ち上げにはあまり向いていません。

長さのある “ネジピン” を使うとやりやすいです。

シングルピンとネジピンの使い方はこんな感じ。

“シングルピン” とよく似ている、”ダブルピン” という物もありますが、ダブルピンだとくっきりと跡が残ってしまいます。

跡の付かない “シングルピン” を使いましょう。

上半分の形が出来上がったら、スプレーで毛束を固定して、ピンを外します。

このように小道具を使うと、重力に逆らった毛束の動きを付ける事が出来るので、自由自在に上半分のデザインを作る事が出来ます。 

最後に

このような様々なテクニックを取り入れてみて、今まで悩んでいた箇所が解決しましたら幸いです。

1度出来なくても2度3度、毎日繰り返し練習していく事で、出来るようになっていきます。

出来ない所を出来るようになるまで、とことん追求してみて下さい。

ゆるいスタイルのブームはもう少し続きそうなので、私もまだまだ追求していこうと思います。