【立川のヘアメイクスクール ヘアメイクガーデンスクールの講師が解説】ーー簡単アップスタイルの作り方Part.1ーー  崩れないルーズヘアアレンジの裏ワザ!

【Blog】

●今、流行りのゆるふわなシニヨンを作りたいけど可愛く作れない…

●私がゆるいスタイルを作るとボサボサになってしまう…

どうしたらキレイに作れるんだろう?

このような悩みを持つ方に向けて、この記事を書きました。

今は、YouTubeやインスタなどで『作り方の動画』をたくさん見る事が出来ますが、《さらに可愛く作れる一工夫》を掘り下げましたので、参考にしてみて下さい。

1, しっかりベース巻きをしておく

まず、『ベース巻き』とは。

このように、コテ(ホットカーラー)でカールを付けておく事を、スタイル作りをする前の仕込みの『ベース巻き』と言います。

(この後スタイルを作っていくので、キレイなカールでなくても、毛先まで巻きが付いていればOKです。)

シニヨンを作る時は、ちょうどお団子の部分に当たる毛に、しっかりとカールを付けておきます。

■メリット

その1.

カールを付けておく事で、毛が柔らかくしなるため、思い通りにまとめやすくなります。

その2.

短くピンピンと跳ねて出てくる毛がなくなり、仕上がりがキレイになります。

この仕込みの『ベース巻き』をやるとやらないでは、仕上がりが大きく変わってきます。

また、短い毛が出て来づらいため、時間が経ってもキレイなスタイルを保つ事が出来ます。

■ベース巻きのポイント

ゆるいカールよりも、少し細めのコテで、しっかりとしたカールを付けておくほうが確実にキレイに仕上がります。

25mm前後のコテを、180度ほどの高温に設定して巻きましょう。

肩下あたりのミディアムヘアの場合、特にやりやすさを実感出来ると思うので、是非試してみて下さい。

2.必ず土台を作る

ヘアセットの『土台』とは、ピンをしっかり刺すための、毛の集まりです。

例えば、夜会巻きなどの和髪を作る場合、このようにして土台を作ります。

この土台に向かってピンを刺していき、スタイルを仕上げます。

土台なしでスタイルを作るやり方もありますが、難易度が高く、ピン打ちが確実に出来なければ、すぐに崩れてしまいます。

シニヨンを作る場合も、《ゴムで一束に結ぶ》などして、必ずピンを打つための土台を作りましょう。

3.ゴムは、『キツキツ1歩手前』で止める

上記で説明した、土台を結ぶためのゴム。

このゴムは、ギチギチにギューっと結ばないようにしましょう。

■理由

ゆるいスタイルの1番の特徴は、毛を引き出す事です。

色々な場所、方向から、バランスを取りながら、たっぷりと引き出していく事で、今っぽいスタイルに仕上げる事が出来ます。

ですがゴムをキツキツに結んでしまうと、写真のように、周りの毛まで引っ張られてしまって、キレイに引き出す事が出来ません。

このようにならないようにするために、土台のゴムを結ぶ時は、『キツキツ1歩手前』で止めておくと、キレイに引き出す事が出来ます。

※補足

キツキツ1歩手前だからといって、ゴムが緩すぎてもいけません。

ある程度のテンション(引っ張る力)がかかっていないと、引き出した毛がダレてしまいます。

もう1つは、土台となる部分のゴムがあまりに緩いと、スタイル全てが崩れてしまいます。

引っ張りすぎず、緩めすぎずな、丁度良い『キツキツ1歩手前』を見つけましょう。

4.お団子部分を作る時は、ピンで留める前に確認をする

シニヨンのお団子部分を作る時、ロープ編みや三つ編みをした後、いきなりピン打ちをして形を作っていませんか?

このやり方は、だいたい失敗します。

これはお団子部分に限った話ではなく、ヘアセットをする際、まず始めに、《どんな形にしたいか》というイメージを描けていなければ、そのスタイルを作る事が出来ません。

お団子部分を作る時も同じです。

1.ピンを打つ前に、まとめた毛束を当ててみる。

2.残りの毛束を、どこにどのように置いていけば可愛くなるかもイメージする

3.これが出来た所で、初めて1つめのピンを打ちます。

SNSでスタイルを紹介している人は、

『毛束をサッとまとめたら、ササッとピン打ちをして、サクッと引き出して…』

と、何気なく簡単そうにやっているように見えます。

ですが皆さん、何度も何度も練習を重ねているので、1回1回確認しなくても、《どこにどのように毛束を置けば可愛い形になるか》というのを分かってやっています。

その動作を真似てしまうと、失敗してしまいますので、気をつけましょう。

今回は、シニヨンをさらに可愛く作るための一工夫を4つ挙げてみました。

シニヨンがどうしても可愛く作る事が出来なかった人にとって、この中に解決法があれば幸いです。

ぜひ試してみて下さい。