コロナに負けない <ステイホームで綺麗になろう!>

【Blog】

今、世の中に猛威を奮っているコロナウイルス。

今は美容室へ行く事がNGとされている訳 ではありませんが、美容室へ行けていない人はたくさんいると思います。

そこで本記事では、自宅で出来るヘアケア、カット、カラーについてまとめました。

髪の傷み

美容室で定期的にトリートメントをしていた人にとっては、どんどん髪が傷んでいく事はかなりのストレスになります。

ですが、時間がある今だからこそ、今までとは違ったホームケアを取り入れてみましょう。

リバースケア

SNSで話題になった、『リバースケア』。

最近では "リバースケア専用"の商品も発売されているほど人気ですが、手持ちの物やネットで安く購入出来る物で、手軽に出来るホームケアです。

コスパが良いので継続しやすく、継続しやすいので効果が持続します。

髪のツヤが戻り、ツルツルになると評判です。

■リバースケアとは?

通常は、シャンプーをした後にアウトバストリートメントを付けますが、リバースケアのやり方は、シャンプーをする前に、まず、乾いた髪にオイル(アウトバストリートメント)を付けます。

通常の工程と逆な事から、『逆=リバース』なので、 “リバースケア” と呼ばれています。

■効果

▼傷んだ髪のケア

詳しいやり方は後ほど説明しますが、

シャンプーの前にオイルを付けた後、トリートメントをする事で、ミネラルや美容成分が髪に浸透しやすくなり、ダメージケアに有効になります。

▼シャンプーによる摩擦の軽減

シャンプーをする時の摩擦でキューティクルは剥がれ、髪はどんどん傷んでいきます。

シャンプー前に髪に油分を与える事で、シャンプー時の摩擦を軽減する事が出来ます。

▼ヘアカラーの持ちが良くなる

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎて、カラーまで落としてしまいます。

ですが、リバースケアで先にオイルとトリートメントを髪に行き渡らせる事で、カラー剤がシャンプーによって落ちてしまう事を防ぐ事が出来ます。

▼クシや指の通りがよくなる

髪が長かったりダメージが進んでいる人ほど、シャンプー後の髪は絡まりやすいです。

その状態で無理矢理とかしてしまうと、抜け毛や切れ毛、痛みの原因になります。

ですが始めに油分を補給する事で、ドライヤーで乾かした後の髪は、指通りが滑らかになります。

■やり方

①優しく丁寧にブラッシング

特に髪の長い人は、汚れやホコリが付きやすいです。

ブラッシングで髪に付いた汚れを取り、また、毛の絡まりを取っておく事で、シャンプーをスムーズに行う事が出来ます。

ブラッシングの工程を怠らないようにすると良いです。

②ヘアオイル(アウトバストリートメント)を付ける

毛先を中心に、髪全体にしっかり馴染ませたら、10〜20分置きます。

リバースケアを行う時に付けるアウトバストリートメントは、保湿よりも『摩擦の保護』が目的です。

ミルクタイプやミストタイプよりも、オイルタイプが合っています。

肌に優しく、髪内部への浸透が良い植物由来のホホバオイルや、椿油などを選ぶと良いです。

③トリートメントを重ねる

オイルを付けただけでシャンプーをしてしまうと、油分が落としきれずにベタついたままになってしまいます。

インバストリートメントは、油分を乳化させる作用があるので、②で付けたオイルの上に被せるように、インバストリートメントを付けます。

④軽く洗い流す

髪と頭皮にしっかり水分を含ませるイメージで、1〜2分ザッと洗い流します。

⑤シャンプーで優しく頭皮マッサージ

ここでシャンプーをします。

オイルが髪を保護していますが、出来るだけ髪の摩擦がないよう気をつけながら、丁寧に地肌をマッサージするように洗います。

⑥トリートメントを付ける

最後に③で付けたインバストリートメントを付け、通常通り流して終了です。

■頻度

髪の長さや傷み具合にもよりますが、あまり頻繁にやりすぎてもベタ付いてしまうので、週に1,2度ぐらいが良いかと思います。

オイルを使わず、シャンプー前にトリートメントのみをするだけでも、摩擦の保護になります。

オイルなしでのリバースケアを、デイリーケアとして取り入れても良いと思います。

自分に合ったやり方を見つけてみて下さい。

■ステイホームのこの時期なら、デメリットはなし

リバースケアのデメリットとして挙げられるのは2点。

  • トリートメントの減りが早い事。
  • 工程が多いため、いつものケアよりも時間がかかってしまう事。 

ですが、”美容室でのトリートメント代をリバースケアに使う” と考えれば、とてもコスパの良いケアです。

また、ステイホームを守る今だからこそ、おうち時間が増えます。

その時間を使って、いつもより時間をかけてホームケアをしてみるのはいかがでしょうか。

伸びてきた前髪

前髪を作っている人は、どんどん伸びてきてうっとおしいですよね。

セルフカットをしてみたいけど、失敗するのが怖くて出来ない人。

以前セルフカットをしてみたけど、失敗して怖くなってしまった人。

そんな人に向けて、ナチュラルな前髪の切り方を、失敗しないポイントと一緒に説明していきます。

前髪セルフカット

■セルフカットに必要な道具

▼ハサミ

ハサミの種類は、慣れないうちは、眉用などのコンパクトなサイズの物を使うとやりやすいです。

▼コーム

大きのくしよりも、コームのほうが前髪を揃えやすいです。

▼ダッカール

邪魔な毛を留めておくために使います。

アメピンなどで代用してもOK。

■やり方

①必ず、乾いた状態でやりましょう

濡れたまま切ると、乾いた時に予想以上に短くなってしまうのケースが多いので気をつけましょう。

②黒目と黒目の間だけを切る

セルフカットの失敗例の1つは、前髪を広く作ってしまう事。

横幅の広がった前髪は顔が大きく見えてしまうので、”黒目と黒目の間の毛” というのを意識すると良いです。

③ハサミは縦に入れる

ナチュラルな前髪を作りたい場合は、人差し指と中指で軽く毛束を挟んだら、毛束に対して縦にハサミを入れます。

こうする事で、毛先の長さがバラバラになるので、失敗を避けられます。

※パッツン前髪にしたい場合は、ハサミを横にして切ります。

④切る時は少しずつ

一気にたくさん切ってしまうと、切りすぎた時に後戻りが出来ません…

少しずつ数回に分けて、自分の好みの長さになるよう調整していきましょう。

■セルフカットに挑戦するなら、今がチャンス!

怖くてセルフカットが出来なかった人も、外に出られずほとんど人に会えない今だったら、少しぐらい失敗してもいいではないですか。

髪はすぐ伸びます。

これを機会にセルフカットに挑戦してみましょう。

プリン、色落ち

「プリンがどんどん酷くなってきた…」

「カラーが落ちて黄ばんできた…」

セルフカラーをした事がない。

でも染めたい!

という人に、市販のカラー剤についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

セルフカラー

まず始めに。

市販のカラー剤は、めちゃくちゃ傷みます。

知ってる人は多いと思いますが、セルフカラーをする場合、これはしっかり頭に入れておいて下さい。

■市販のカラー剤の種類は、大きく分けて2種類

  • 泡タイプ
  • クリームタイプ

この2種類について。

■髪へのダメージ

「泡タイプのカラー剤は界面活性剤が入っているため、ダメージが大きい」と言われていましたが、実は、泡タイプもクリームタイプも、成分は変わらないそう。

むしろ泡タイプは、『泡で髪を包むようにして染める』というやり方なので、摩擦がおきにくく、髪への負担が少ないようです。

これは上記で説明した、リバースケアと同じ原理ですね。

■染まり方の違い

美容室で使うカラー剤は、全てクリームタイプです。

その理由は、『しっかり染める』ため。

泡タイプのカラー剤は膨張する分、染料の濃度が薄くなります。

そのため、クリームタイプと比べると染まりが悪いです。

■メリット 

<泡タイプ>

  • 泡が広がるため、塗りやすい
  • シャンプーのように塗れるので、仕上がりがムラになりにくい
  • 後ろの見えない部分も塗りやすい
  • 泡のため、摩擦がおきにくく髪への負担が少ない

<クリームタイプ>

  • 濃く付くため、しっかり染められる
  • 液ダレしにくいため、”生え際だけ、分け目だけ” など、部分的に塗れる事が出来る。
  • 使いたい分だけ混ぜる事が出来るので、小分けで使う事が出来る

■デメリット

<泡タイプ>

  • 染まりが薄い
  • 液ダレしやすいので、染めたくない場所も染まってしまう事がある
  • 全ての液を混ぜなければいけないので、小分けで使えない

<クリームタイプ>

  • 均等にクリームを付けにくいため、ムラになる場合がある
  • 後ろの見えない部分が塗りにくい

ざっとこんな感じです。

■初心者には、泡タイプがオススメ

染めるテクニックがほとんどいらず、ムラになりにくい “泡タイプ” のほうが、初めてセルフカラーをする人には安心です。

■プラスアルファで、カラートリートメント

美容室のカラー剤よりダメージが大きく、色が抜けやすいセルフカラーをする場合、カラートリートメントをプラスしてみましょう。

カラートリートメントは、トリートメント成分100%なので、使えば使うほど髪はキレイになり、セルフカラーした色と同じ色味を使えば、色落ちを防ぐ事も出来ます。

それに合わせて、カラーシャンプーも使えば、カラーの持ちや発色はかなりよくなります

カラートリートメントやカラーシャンプーについては、以前のブログにまとめてあるので、そちらも合わせてお読み下さい。

終わりに

コロナの影響で、今、全世界の人達に不安や悲しみが広がっています。

ですがこんな時でも、この状況の中でも出来る事はあります。

家から出られなくて鬱々する事があっても、髪が変わるだけで大きなストレス発散になります。

人と会う事が出来なくても、”美しくなる” ということは、女性にとっての喜びです。

美容室に行く事が出来なくても、家にいる時間を有効活用して、気分転換してみましょう。