ショートヘア向け【スタイリングの仕方】

【Blog】

「美容院でスタイリングしてもらった時は可愛かったのに、自分でやると上手くいかない…」

という事はよくあると思います。

これまでのブログでも何度も書いてきましたが、セットを可愛く仕上げるためには、ブローがとても大切になります。

今日は、このような丸みのあるショートのスタイリングの仕方を紹介していきます。

トップの高さを出し、全体に丸い形を作るブローのやり方

まずセットをする前に、ブローでしっかり毛流れと形を作っていきます。

  1. 根元を中心に、髪全体を濡らします

2.左右交互に、ドライヤーで乾かします

3.後ろは、手で丸みを作りながら、下からドライヤーを当てます

上から当ててしまうと、根元を潰してしまうので気をつけましょう。

襟足は、くびれが出来るように手でキュッと抑えて、乾かします

5.サイドは、後ろに引っ張るように乾かします

6.8割程度乾いたら、前髪を立ち上げたい方と逆に分け、根元を中心に乾かしていきます

7.乾いたら、1度前髪を持ち上げ、根元だけに熱を当てます

8. 後ろと襟足も先程と同じ要領で、完全に乾かします

これで、ベースの完成です。

しっかりとしたベース作りをして、毛流れを整えた状態にしておくと、その後のスタイリングが早く、形良く決まります。

コテでのスタイリングの仕方

このスタイリングでは、25mmのコテを使っていきます。

ショートのように毛が短い場合は、32mm前後の太いコテよりも、25mm前後の細めのコテのほうが、アレンジがしやすいです。

■前髪■

  1.  前髪部分を取り、上に持ち上げます
  2. 毛先からコテを挟み、根元までクルクルと巻いていきます
  3. 熱をあまり当てすぎない状態で、コテを外します

その後ろの毛束も、同じ要領で巻きます。

このように巻く事で、前髪にSカールが出来、前髪がより可愛いくなります。

※熱を当てすぎると、毛先にカールが付きすぎてしまうので気をつけましょう。

■サイド■

毛先だけに、外巻きのカールをつけます。

■後ろ■

ダッカールで留め、下から内巻きにカールを付けていきます。

※4段ぐらいに分けて巻きましょう。

全ての毛にカールを付けたら、スタイリング剤を付けていきます。

スタイリング剤の付け方

スタイリング剤選びは、『どんな質感にしたいか』で変わりますが、ショートの場合は、なるべくシルエットを崩したくないので、柔らかいWAXより、少し固めのWAXのほうがオススメです。

今回は、ウエットな感じに仕上げたいので、WAXにオイルを少しだけ混ぜます。

手のひら全体でよく馴染ませたら、空気を入れ込むようなイメージで、軽く揉み込みながら付けていきます。

表面だけでなく、中の毛にもしっかりWAXを揉み込みましょう。

襟足は、首に沿わせるように付けます。

※たくさん付けてしまうと、WAXやオイルの重みでカールが落ちてしまうので気をつけましょう。

■最後にスプレーをして仕上げます■

前髪やトップ、後ろの表面には、特に空気感とカール感がほしいので、指でつまみながらスプレーをします。

少し離してスプレーをすると、霧のようなスプレーが出るので、よりエアリーに仕上がります。

これで完成です。

しつこいですが、ブローが命です

特にショートヘアは寝癖が付きやすいスタイルなので、セット前のブローは必須です。

ブローのやり方をマスターして、自分でも美容院帰りのようなスタイリングが出来るよう、頑張ってみて下さい。