【前髪ぱっくり割れ問題】解決法

【Blog】

●前髪に変なクセがあるので、パッツン前髪が出来ません…

●前髪を作るとパックリ割れちゃうので、ずっと伸ばしています。前髪を作ってみたいです。

こういったお悩みに答えます。

前髪が割れてしまう原因

その1. お風呂上がりにすぐに髪を乾かさず放置してしまうと、そのままの分け目でクセが付いてしまいます。

お風呂上がりにすぐに髪を乾かすか、クセが付いてしまわないよう、整えておきましょう。

その2.寝癖で分け目が出来てしまう

夜にどれだけキレイにセットをしても、寝ている間に崩れてしまうのは避けられません。

朝起きてから、セットをしましょう。

※メイク中のターバンも、ものすごいクセが付いてしまうので、御法度です。

前髪に跡が付かないピンで、優しく留めましょう。

その3.前髪に生えグセがある or つむじがある

これは、根本原因を解決する事が出来ないので一番厄介です。

ですが朝のスタイリングの仕方で、直す事が出来ます。

前髪は、必ず朝にセットをする

どんな原因で前髪が割れてしまっていても、夜ではなく、必ず朝にセットをしましょう。

大半の人がメイクの時に前髪を分けておくと思うので、メイクが全て終わってから前髪をセットすると良いです。

まずは、クセの流れをしっかり把握する

寝癖で分け目が付いてしまっている人も、生えグセで割れてしまっている人も、まずはどのようなクセの流れになっているのかを把握しましょう。

把握する事が出来たら、そのクセの流れを取っていきます。

例えばこちらの前髪。

真ん中に、このような生えグセがあります。

これを真っ直ぐに伸ばそうとしても、絶対に割れてしまいます。

こんな前髪のパックリ割れの直し方を紹介します。

前髪割れを直す方法

根元の毛流れを直さなければ、時間と共にまた割れてきてしまうので、根本からしっかりクセを取っていきます。

1. 毛先からポタポタ垂れるぐらい、根元を水でしっかり濡らす

※軽く湿らせる程度では、頑固なクセは取れません。

2. 軽くタオルドライする

3. 毛をひっぱりながら、左右両方から、ドライヤーの熱を当てる

※ドライヤーの熱は、根元に当てるようにしましょう

4. 上からもドライヤーを当てる

この時、指先を地肌に当て、左右にジグザグと動かすと、よりクセが取れやすくなります。

5. これで、クセが取れました

パッツン前髪の人は、このままでOK

5. クセが取れたら、流したい方向に熱を当てる

6. 完成

前髪のパックリ割れは、根元のクセを取りきれば、改善出来ます

乾いた状態でブローをしたりセットをしても、根元のクセが取れていなければ意味がありません。

根本の原因を解消して、前髪のパックリ割れをなくしましょう。

このやり方をマスター出来れば、前髪を作る事は全く夢ではありません。

ぜひ、参考にしてみて下さい。